鍵交換・鍵修理・鍵開けは、宮城県多賀城市鍵のカギ修理センター 鍵交換・鍵修理・鍵開けは、宮城県多賀城市鍵のカギ修理センター 価格ボタン

多賀城市のカギ屋さんに無料電話見積り!通話料無料!
防犯豆知識

最近空き巣や倉庫荒らしなど、さまざまな犯罪が多発しています。大切な家、財産を守るためにどんな対策をしたら良いでしょう?そんなことでお悩みの方に主な犯罪の手口と対策をご紹介いたします!


ピッキング

ピッキングとはカギ穴に針金のような特殊な工具を差し込んで、不正に開錠する方法です。ピッキングで1番よく狙われるのはディスクシリンダーと呼ばれるもので、日本中に7,000万個付いていると言われています。ディスクシリンダーはプロならばものの10秒もあれば開錠できてしまいます。短時間で侵入でき、大きな音も出ないため侵入者がよくやる手法です。


ピッキング対策

高性能なシリンダーに交換するのが最も簡単な方法です。お使いの錠前をディンプルキーに変えるだけでもかなりの効果があります。ワンドア、2ロック・3 ロックにするとより効果的です。


カム送り

カム送り開錠は、別名「バイパス解錠」とも呼ばれます。その方法は、シリンダーの部分に「隙間」を作り、特殊な工具を差込み、錠シリンダーを迂回し開錠を行います。近年この手口が急増しています。


カム送り対策

メーカーから販売されている高性能な対策用部品の設置することです。またシリンダーの隙間を埋めるものや、本体を一度はずしてカバーをつける方法も有効です。


サムターン回し

サムターン回しとは、文字通りサムターン(ドアの内側についているツマミの事)に先端が曲がる特殊な工具を差し込みひっかけてまわす開錠方法です。一般的なマンションやオフィス等に使用されている扉に多く設置されているため狙われやすいです。


サムターン回し対策

サムターンを直接触れられることが無いように、サムターンにカバーを取り付けるのが最も簡単な対策です。侵入者を音と光で威嚇・撃退するセキュリティシステムを導入することも有効な方法です。


ガラス破り

一戸建て・マンションで結構多いのがガラス破りです。侵入の30%を占めています。いったんマンションに侵入した泥棒がベランダ伝いに隣の部屋へ簡単に移り、ガラスをドライバーの様なもので破り簡単に侵入してきます。被害は3階が最も多く、高層階は屋上から簡単に侵入されやすいです。


ガラス破り対策

カギ付きクレセントにしたり、2重ロック、防犯ガラスや防犯フィルムにする方法が有効です。バールやハンマーなどで窓を叩き割ろうとしても、「防犯フィルム」によって強化された窓ガラスはヒビ割れが入る程度で、手が入るほどの穴をあけるにはかなりの時間を要します。



多賀城市のカギ屋さんに無料電話見積り!通話料無料!

ピッキングできないカギを買わなきゃ!
そもそも「耐ピッキング性能」とは何なのか ピッキングによる空き巣が爆発的に増えた後、対策としてメーカーが売り出したカギは、とにかくドロボウと対決することを重視した商品になりました。その性能を消費者へ分りやすく伝えるため、市販品のカギに2004年から義務付けとなった「指定建物錠の防犯性能の表示」。 これには、「耐ピッキング性能」の他に、「耐かぎ穴壊し性能」と「出荷時かぎ本数」が書かれています。確かに、カギ選びの時の大きな参考になりますね。 ここで誰もが注目するのが耐ピッキング性能。 さぞかし対策が進んでいると期待して、どうせ取り替えるならピッキング不可能な強烈なカギを選びたいところです。 そう、確かにピッキングに対する各メーカーの考え方はガラリと変わり、商品づくりに反映されました。 しかし皆さん、対策後のカギはピッキングに強くなったものの、ピッキングができなくなったわけではありません。見た目も構造もスゴそうなカギがたくさん売られていますが(もちろんお値段も張りますが)、その大半がピッキングで突破することができるカギなのです。どうです、ビックリでしょう? もちろんいまだに、5000万個が使用されているというH248のようなお手軽ピッキングで解錠できませんが、技術や経験を積んだ人物であればピッキングできるのです。 しかし、そんなカギのピッキングにはある程度時間がかかります。ドロボウが1番嫌がるのは「犯行を誰かに見られること」。ピッキングに時間がかかればかかる程誰かに発見される確率が高まり、警察に通報されて御用になる可能性も高まります。 つまり、耐ピッキング性能とは「ピッキングでは解錠できません」ということではなく、「ピッキングに時間を要するので、結果的にドロボウが嫌がります→ドロボウによる被害を食い止めます」という意味。ピッキングにどれだけ持ちこたえられるか、それを表すのが耐ピッキング性能というわけなのです。 スゴ腕にかかると「10分持たない」カギ続出
さて、「耐ピッキング性能=ピッキングができないという意味ではない」が分かったところで、気になるのは「そのカギがピッキングにどれくらいの時間、耐えられるのか」ですね。 それは、義務化された件の防犯性能表示により、カギのパッケージにキチンとかかれています。耐ピッキング性能は「5分未満」「5分以上」「10分以上」3段階に分けられており、カギ選びの大きな目安となっています。 予算に余裕があるのなら、当然「10分以上」耐えられるカギを選んで、最大級の安心を手に入れたいところでしょう。 ただし。この時間表示はあくまでも参考値。アテにならないとまではいいませんが、ピッキングのプロが真っ向対決すると、10分かからずに解錠できてしまうこともあるのです。